原発再稼働と電力不安、参院選論争で見えない具体策

関西電力大飯原発の4号機(左)と3号機=福井県おおい町
関西電力大飯原発の4号機(左)と3号機=福井県おおい町

記録的な暑さに見舞われた首都圏で不安定な電力供給体制が露呈するなど、電力需給に対する関心がかつてないほど高まっている。10日投開票の参院選では、ロシアによるウクライナ侵攻にともなうエネルギー価格の高騰や、脱炭素の観点からも原発を含めた日本のエネルギー政策に関する議論は不可避な情勢だが、議論が深まっているとはいえず、各党の主張からは現状を打開するような具体策は見えてこない。

日本のエネルギー政策を考える上で、避けて通れないのが原発政策だ。

東京電力福島第1原発事故から11年以上。これまで16原発27基が新規制基準に基づく原子力規制委員会の安全審査に申請したが、再稼働にこぎつけたのは6原発10基にとどまる。定期検査中のものなどもあり、足元で稼働中の原発はわずか4基。国内の全発電量に占める原子力の割合は令和3年が約6%で、25%程度だった福島第1原発事故前と比べると、いまだ大きく水があいている。

ランキング

  1. 岸前防衛相の偽投稿拡散 在英ロシア大使館も紹介

  2. 安倍氏の遺志継承 「創生日本」が月内にも活動再開へ

  3. 露司令部、へルソンから撤退 ウクライナ当局者

  4. コロナ時短訴訟、飲食店側控訴取り下げ 違法判決確定

  5. <独自>ヤフー、クレカ不正利用防止へ本人認証方式導入 高リスクなら暗証番号など追加入力

  6. コミケ会場ですり 38歳男を逮捕 不審行動から捜査員が尾行 警視庁

  7. 【フォト特集】世界最大貨物機アントノフ225 後継機の建造を表明

  8. 中国調査船、スリランカ・ハンバントタに寄港 米印、軍事拠点化警戒

  9. 独戦闘機9月に日本へ 中国対抗狙い太平洋へ初派遣

  10. 救急車にあおり運転疑い 病死男性を書類送検、静岡

会員限定記事