原発再稼働と電力不安、参院選論争で見えない具体策

関西電力大飯原発の4号機(左)と3号機=福井県おおい町
関西電力大飯原発の4号機(左)と3号機=福井県おおい町

記録的な暑さに見舞われた首都圏で不安定な電力供給体制が露呈するなど、電力需給に対する関心がかつてないほど高まっている。10日投開票の参院選では、ロシアによるウクライナ侵攻にともなうエネルギー価格の高騰や、脱炭素の観点からも原発を含めた日本のエネルギー政策に関する議論は不可避な情勢だが、議論が深まっているとはいえず、各党の主張からは現状を打開するような具体策は見えてこない。

日本のエネルギー政策を考える上で、避けて通れないのが原発政策だ。

東京電力福島第1原発事故から11年以上。これまで16原発27基が新規制基準に基づく原子力規制委員会の安全審査に申請したが、再稼働にこぎつけたのは6原発10基にとどまる。定期検査中のものなどもあり、足元で稼働中の原発はわずか4基。国内の全発電量に占める原子力の割合は令和3年が約6%で、25%程度だった福島第1原発事故前と比べると、いまだ大きく水があいている。

ランキング

  1. 高市氏、引き継ぎ式中止 内閣府あいさつ式も欠席

  2. コロナ陽性でけが人降ろす 事故現場に、尼崎市消防

  3. 台風8号、伊豆半島に上陸

  4. 戦艦「大和」主砲指揮所に地獄を見た(12)水中の奇跡

  5. 「背徳グルメ」不健康でも人気 コロナのストレス発散

  6. 小学生きょうだいと母死亡に関与か 不明の42歳父見つかる

  7. ウクライナ、露軍拠点に奇襲攻撃か

  8. 反イスラム小説「悪魔の詩」著者 ラシュディ氏襲われる

  9. 岩井千と吉本が首位 女子ゴルフ第2日

  10. 王位戦第4局が延期 豊島九段がコロナ感染

会員限定記事