台風、九州接近・上陸へ 東シナ海北上、災害警戒

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

台風4号は3日、沖縄沖の東シナ海で北上を続けた。今後、進路を東寄りに変えながら5日には九州に接近・上陸し、西日本、東日本を横断あるいは太平洋沿岸を進む可能性がある。気象庁は5日にかけて九州、奄美、四国で大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒するよう呼びかけている。

強い風の影響で海はしける。速度が比較的遅いため影響が長く続き、進路によっては西日本から東日本の太平洋側を中心に5日以降も大雨の恐れがあるとしている。

台風は3日午前6時現在、那覇市の北北西約160キロの海上を時速約20キロで北北西に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の東側330キロ以内と西側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

会員限定記事会員サービス詳細