KDDI、障害70%回復 社長と総務相が午前会見

KDDIロゴ=2日午前、東京都千代田区
KDDIロゴ=2日午前、東京都千代田区

KDDIは3日、2日未明に発生した大規模な通信障害について、3日午前8時の段階で70%程度復旧が完了したと発表した。データ通信を中心に徐々に回復が進んでいるが、西日本では午前11時に復旧が完了の見込み、東日本では午前9時半としていた回復完了の見込みがずれ込む見通しだ。高橋誠社長が障害の詳細を説明する記者会見を午前11時から開催する。金子恭之総務相も午前10時から会見し、今後の行政指導の方向性などを説明する。

障害は2日午前1時35分ごろ発生した。高音質の音声通話のサービスを提供するための設備の故障をきっかけに回線へのアクセスが集中。通信量を制御する対策を講じたため、通話とデータ通信がともに利用しづらくなった。

障害の影響は、KDDIの提供している、au、UQモバイル、povoの3ブランドの通信契約者にとどまらず、KDDIから回線を借りる楽天モバイルなど他の通信事業者や、貨物列車の運行、外部との通信を利用して多様なサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」のサービスなど生活にかかわるあらゆる場面に広がった。

あらゆるものが通信ネットワークを使う現代社会で、通信障害が及ぼす影響の大きさを改めて示した。

KDDI大規模通信障害 総務省は早期復旧を指示


会員限定記事会員サービス詳細