首相、改憲4項目「喫緊の課題」 立民泉代表は国民投票法改正を主張 NHK番組で

国会議事堂=東京都千代田区(本社ヘリから、彦野公太朗撮影)
国会議事堂=東京都千代田区(本社ヘリから、彦野公太朗撮影)

岸田文雄首相(自民党総裁)は3日のNHK番組で、憲法改正を巡り、9条への自衛隊明記など党改憲案4項目に関する国会論議を活発化させていく意向を示した。「どれも喫緊の課題だ。国会の議論と国民の理解を進めたい」と語った。立憲民主党の泉健太代表は、改憲手続きを定める国民投票法改正の議論を優先すべきだとの考えを表明。「改憲は最優先課題ではない」とも強調した。

公明党の山口那津男代表は「憲法を変えなければ解決できない課題について、しっかり議論する必要がある」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細