女子シンクロ板飛び込みで金戸、三上組が銀メダル 水泳世界選手権

女子シンクロ板飛び込み決勝 金戸凜(左)、三上紗也可組の演技=ブダペスト(共同)
女子シンクロ板飛び込み決勝 金戸凜(左)、三上紗也可組の演技=ブダペスト(共同)

水泳の世界選手権最終日は3日、ブダペストで行われ、女子シンクロ板飛び込みで金戸凜(セントラルスポーツ)三上紗也可(日体大)組は決勝で303・00点の2位となり、飛び込みの日本勢では全種目を通じて初の銀メダルに輝いた。日本の過去のメダルは2001年大会の「銅」2個で、この種目での表彰台は初めて。

金戸、三上組は同日の予選を5位で通過し、決勝は高得点を重ねて順位を上げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細