「半年くらいでー終わるかと思ったのにー」ふなっしー降臨10年展

テープカットを行うふなっしー(中央)、船橋市の松戸徹市長(左)と株式会社パルコ津田沼店の野口香苗店長
テープカットを行うふなっしー(中央)、船橋市の松戸徹市長(左)と株式会社パルコ津田沼店の野口香苗店長

千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」の地上降臨10周年と、ふなっしーのオリジナル番組などを配信する公式サイト「274ch(ニイナナヨンチャンネル).」開局5周年を記念した展示会が同市の津田沼パルコで開かれている。

1日には、ふなっしーが出席してテープカットが行われた。特別ゲストとして船橋市の松戸徹市長が登場した際、司会者が「松戸市の…あっ」と言い間違えると、ふなっしーは「一番やっちゃいけない」とつっこみ、その後「分かるけど」と場を和ませた。また、「半年くらいでー終わるかと思ったのにー、10年たったらパルコで展示会 うれしいなっしー」と、即興で披露した歌に合わせたダンスで喜びを全身で表した。

松戸市長は「ふなっしーが地上に降りてきてからの10年間、船橋市を愛してくれて、いろいろなところでアピールしてくれた」などと感謝の言葉をかけた。

展示会では公式サイトの映像が流され、撮影で使った小道具なども展示されている。等身大のふなっしーの人形と撮影できるコーナーもある。

27日まで。入場料は一般500円、学生400円、小学生以下無料。同市の在住、在勤、在学者は「ふな割」で半額になる。

会員限定記事会員サービス詳細