現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月2日

印刷技術、空飛ぶ機械、馬の家畜化…。科学ジャーナリストのジョン・ブロックマン氏が世界各国の学者や哲学者、起業家ら108人に見解を聞いた著書『2000年間で最大の発明は何か』には、消しゴムなど少し意外な発明も出てくる。ただ抄子は、月並みでもやはり電気を挙げたい。

▼自室には扇風機しかなかった少年時代の夢は、冷房が効いた部屋でコーラを飲むことだった。酷暑の時季に涼みつつ、冷蔵庫から冷えた飲み物(今はビールと冷酒)を取り出すとき、昔はどんな王侯貴族も味わえなかった贅沢(ぜいたく)だと文明の利器に感謝を覚える。

▼石川県が舞台の漫画『のみじょし』(迂闊(うかつ)著)10巻に、加賀前田藩が旧暦の6月1日(現7月1日)、冬の間に氷室に保存した雪氷を将軍家に献上していたエピソードが登場する。金沢ではこの日、無病息災を願い氷室饅頭(まんじゅう)を食べるのだという。夏を元気に乗り切るのは大変である。

ランキング

  1. 【主張】NHK党の反論 サラリーマンをなめるな

  2. 【正論】この夏に思う 抑止力強化へ悪しき洗脳を解け 福井県立大学教授・島田洋一

  3. 【産経抄】8月16日

  4. 【一筆多論】APが報じたソ連の蛮行 岡部伸

  5. 【主張】学校の半旗 弔意を妨げる方が問題だ

  6. 【主張】終戦の日に 抑止力高め平和を次世代へ、首相と閣僚は靖国参拝を 論説委員長 榊原智

  7. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  8. 【正論】この夏に思う 少年兵と海軍少尉に「倣いて」 文芸批評家・新保祐司

  9. 【浪速風】スーパーセンチナリアン

  10. 【視線】君津・祖父母殺害の高校生は「父性なき時代」のモンスターか 社会部次長・酒井孝太郎

会員限定記事