現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月2日

印刷技術、空飛ぶ機械、馬の家畜化…。科学ジャーナリストのジョン・ブロックマン氏が世界各国の学者や哲学者、起業家ら108人に見解を聞いた著書『2000年間で最大の発明は何か』には、消しゴムなど少し意外な発明も出てくる。ただ抄子は、月並みでもやはり電気を挙げたい。

▼自室には扇風機しかなかった少年時代の夢は、冷房が効いた部屋でコーラを飲むことだった。酷暑の時季に涼みつつ、冷蔵庫から冷えた飲み物(今はビールと冷酒)を取り出すとき、昔はどんな王侯貴族も味わえなかった贅沢(ぜいたく)だと文明の利器に感謝を覚える。

▼石川県が舞台の漫画『のみじょし』(迂闊(うかつ)著)10巻に、加賀前田藩が旧暦の6月1日(現7月1日)、冬の間に氷室に保存した雪氷を将軍家に献上していたエピソードが登場する。金沢ではこの日、無病息災を願い氷室饅頭(まんじゅう)を食べるのだという。夏を元気に乗り切るのは大変である。

ランキング

  1. 【産経抄】8月10日

  2. 【正論】この夏に思う 恩師にみた昭和のよき教員の姿 社会学者、関西大学名誉教授・竹内洋

  3. 【西論プラス】持続可能な電力供給へ 原発の実効性ある道筋示せ 大阪総局長・内田博文

  4. 【主張】プーチン海洋戦略 北方領土で無法を許すな

  5. 【主張】新たなワクチン 混乱招かぬ丁寧な説明を

  6. 【一筆多論】露の残虐、77年前も今も 遠藤良介

  7. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【湯浅博の世界読解】中国衰退の足音が聞こえる

  9. 【主張】中国の軍事演習 国交記念行事を中止せよ

  10. 【長州正論詳報】「安倍氏は闘う政治家」台北支局長ら講演

会員限定記事