路上感撮

ドアの外は…海? 小田急・藤沢駅

小田急電鉄の藤沢駅に停車する電車越しに見る新江ノ島水族館の広告。まるで海の中に停車しているように見える =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)
小田急電鉄の藤沢駅に停車する電車越しに見る新江ノ島水族館の広告。まるで海の中に停車しているように見える =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)

ホームに電車が到着し乗り込むと、窓の外では魚が悠々と泳いでいた-。

まるで海底駅のような光景が広がるのは小田急電鉄の藤沢駅(神奈川県藤沢市)だ。線路脇に設置された新江ノ島水族館の広告が、電車の窓越しに見えてその様子が交流サイト(SNS)で話題を呼んだ。

広告は相模湾に生息する魚を展示した同館で一番大きな水槽の写真で、「相模湾の魚たちの素晴らしさを紹介したい」(同館)と、約3年前に掲出された。

同館は「コロナ対策を行い営業しているので、是非江ノ島に足を運んでほしい」と呼びかけている。

(写真報道局 桐原正道)

小田急電鉄の藤沢駅に停車する電車越しに見る新江ノ島水族館の広告。まるで海の中に停車しているように見える =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)
小田急電鉄の藤沢駅に停車する電車越しに見る新江ノ島水族館の広告。まるで海の中に停車しているように見える =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)
小田急電鉄の藤沢駅に停車する電車越しに見る新江ノ島水族館の広告。まるで海の中に停車しているように見える =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)
小田急電鉄の藤沢駅に停車する電車越しに見る新江ノ島水族館の広告。まるで海の中に停車しているように見える =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)
小田急電鉄の藤沢駅に掲出されている新江ノ島水族館の広告 =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)
小田急電鉄の藤沢駅に掲出されている新江ノ島水族館の広告 =神奈川県藤沢市(桐原正道撮影)

会員限定記事会員サービス詳細