フォト特集

今も残る爪痕 熱海土石流1年

静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午後(松本健吾撮影)

災害関連死1人を含む27人が亡くなった静岡県熱海市の大規模土石流は3日で発生から1年となる。女性1人の行方はなお不明で、住民らの悲しみは癒えない。今も現場の立ち入りは制限され、190人超が公営住宅などで暮らしている。

土石流は昨年7月3日に発生。盛り土を含む大量の土砂が川沿いに約2キロ下の伊豆山港まで流れ込んだ。市によると、約100棟の家屋が損壊。市は被害が大きいエリアを警戒区域として立ち入り制限し、5月末時点で192人が自治体が借り上げた民間賃貸住宅などで生活している。

静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。2日午前の逢初橋付近(上)と昨年7月3日の同橋付近(いずれも松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。2日午前の逢初橋付近(上)と昨年7月3日の同橋付近(いずれも松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。2日午前の逢初橋付近(上、松本健吾撮影)と昨年7月3日の同橋付近(鴨川一也撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。2日午前の逢初橋付近(上、松本健吾撮影)と昨年7月3日の同橋付近(鴨川一也撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。2日午前の逢初橋付近(上、松本健吾撮影)と昨年7月3日の同橋付近(鴨川一也撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。2日午前の逢初橋付近(上、松本健吾撮影)と昨年7月3日の同橋付近(鴨川一也撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午前(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午前(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午前(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午前(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪痕が残っていた=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。高台に備えられた献花台を訪れた人たち=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。高台に備えられた献花台を訪れた人たち=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。被災現場では、復興作業が続けられていた。手前は献花台に手向けられた花=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。被災現場では、復興作業が続けられていた。手前は献花台に手向けられた花=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。被災現場では、土のう袋が積み上がり、復興作業が続けられていた=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。被災現場では、土のう袋が積み上がり、復興作業が続けられていた=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪跡が残っていた=2日午後(松本健吾撮影)
静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模土石流から3日で1年。間もなく1年が経つ今も、土石流の爪跡が残っていた=2日午後(松本健吾撮影)


会員限定記事会員サービス詳細