テロ国家と非難、支援訴え オデッサ州攻撃死者21人に

1日、ウクライナ南部オデッサ州でロシア軍のミサイル攻撃で破壊された住宅(ウクライナ非常事態庁提供・AP=共同)
1日、ウクライナ南部オデッサ州でロシア軍のミサイル攻撃で破壊された住宅(ウクライナ非常事態庁提供・AP=共同)

ウクライナ南部オデッサ州で集合住宅などが被害に遭ったロシアのミサイル攻撃で、州副知事は1日夜、死者が子供を含む21人、負傷者が39人になったと通信アプリで明らかにした。クレバ外相は同日ツイッターで「テロ国家」が民間人攻撃を続けていると非難。米欧に対し、最新鋭ミサイル防衛システムの供与など軍事支援を急ぐよう訴えた。

ウクライナ側は6月30日にオデッサ沖の黒海の要衝ズメイヌイ島からロシア軍を撤退させたと発表。今回のミサイル攻撃について、ロシアの報復との見方を示した。ウクライナ軍のザルジニー総司令官は1日、ロシア軍機が同日、島を空爆したと明らかにした上で「善意の撤退」だと主張するロシア側を批判した。

6月30日夜から翌日未明までの間に起きたオデッサ州へのミサイル攻撃では、州南西部ビルホロドドニストロフスキー地区の集合住宅や娯楽施設が破壊された。

一方、南部ミコライウ州のキム知事は1日、州内にミサイル12発が飛来したと通信アプリに投稿。一部を迎撃し、着弾した企業に死傷者はいないとした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細