開業当時のカラー再現、出発式 東北新幹線40周年

東北新幹線開業40周年を記念して開かれた記念車両の出発式=2日午前、JR大宮駅
東北新幹線開業40周年を記念して開かれた記念車両の出発式=2日午前、JR大宮駅

さいたま市のJR大宮駅で2日、東北新幹線開業40周年を記念し、開業当時に運行していた「200系」と同じ緑色のカラーリングを施した車両の出発式が開かれ、駅員の制服に身を包んだ清水勇人市長が出発の合図を送った。 

緑川清士駅長は「今年は鉄道150周年の節目。これを機に盛り上げていきたい」とあいさつ。40周年記念号には約500人が乗車した。 家族と見に来たさいたま市南区の小学3年の男子児童(8)は「ずっと前から楽しみにしていた。新幹線は格好良くて感動した。うれしい」と笑顔だった。 

JR大宮駅で開かれた東北新幹線開業40周年を記念した出発式に出席した、さいたま市の清水勇人市長(左)と緑川清士JR東日本大宮駅長=2日午前
JR大宮駅で開かれた東北新幹線開業40周年を記念した出発式に出席した、さいたま市の清水勇人市長(左)と緑川清士JR東日本大宮駅長=2日午前

「200系」は大宮―盛岡間が開業した1982年から2013年まで使用されていた。40周年を記念した車両は、現在運行されている「E2系」にアイボリー地で緑のラインを描いた。停車駅ごとに車内にご当地の民謡などが流れる「ふるさとチャイム」も再現している。

東北新幹線開業40周年の記念号を見送る大勢の鉄道ファン=2日午前、JR大宮駅
東北新幹線開業40周年の記念号を見送る大勢の鉄道ファン=2日午前、JR大宮駅

会員限定記事会員サービス詳細