秋山、広島初打席で適時二塁打 2軍戦で存在感

【プロ野球ウエスタン広島対中日】 一回、適時二塁打を放つ広島・秋山翔吾 =広島東洋カープ由宇練習場(甘利慈撮影)
【プロ野球ウエスタン広島対中日】 一回、適時二塁打を放つ広島・秋山翔吾 =広島東洋カープ由宇練習場(甘利慈撮影)

日本球界に3年ぶりに復帰した広島の秋山翔吾外野手が2日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)に「3番・左翼」で先発出場し、一回1死一塁で左中間へ適時二塁打を放った。三回は四球を選び、2打席で退いた。

新天地で初めての実戦となった34歳の左打者。左腕、橋本の外角直球を鋭いスイングではじき返した先制打に「しっかりと(球を)つかまえられた」と手応えが残った。守備や走塁でも軽快な動きを見せ「けがなく終わったので、第1段階としてはよかった。悪くはないと思う」と評価した。

交通の便が良いとはいえない山口県岩国市の球場に1160人のファンが集まった。拍手や歓声を受け「期待もされていると思う。またいいプレーが見せられるようにやりたい」と感謝を口にした。

映像を見た佐々岡監督は「さすがの打撃」と感心。1軍合流の時期については「徐々に体を慣らしながら調整していく。本人のゴーサインが出れば」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細