まるで「桃鉄」? JR西、サイコロきっぷ発売 大阪往復5千円

JR西日本は1日、同社の無料アプリでサイコロを振って行き先を決める「サイコロきっぷ」を7月29日から発売すると発表した。料金は大阪市内発着で往復5千円。新幹線や特急列車の普通車指定席に乗ることができる。夏休みなどの時期に合わせて観光需要の取り込みを狙う。

JR西によると、行き先は芦原温泉(福井県あわら市)、東舞鶴(京都府舞鶴市)、餘部(兵庫県香美町)、白浜(和歌山県白浜町)、倉敷(岡山県倉敷市)、尾道(広島県尾道市)の6駅に、「レア駅」として博多を加えた計7駅。サイコロの出目の確率は尾道が36分の5、博多は36分の1、ほかは6分の1となっている。

購入にはJR西の予約サイトで7月19日~9月30日に事前予約が必要。人気ゲーム「桃太郎電鉄」シリーズのように、サイコロを振って行き先や乗車日などを決め、7月29日から10月31日まで利用できる。一部の駅は途中下車が可能で、購入は1人2回まで。担当者は「魅力ある観光地が多く、偶然から始まる旅を楽しんでほしい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細