「びしょ濡れMAX」で猛暑吹き飛ばせ 東京ディズニーランド

スプラッシュ・マウンテンの「びしょ濡れMAX」を楽しむ人々=1日、千葉県浦安市の東京ディズニーランド(前島沙紀撮影)
スプラッシュ・マウンテンの「びしょ濡れMAX」を楽しむ人々=1日、千葉県浦安市の東京ディズニーランド(前島沙紀撮影)

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で1日から、人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」で落下時にかかる水量が通常よりもさらに多いスペシャルバージョン「びしょ濡れMAX」が始まった。来月31日までの期間限定の企画だ。

「めっちゃぬれた」。友人と訪れた男性(19)は大量の水しぶきにそう驚き、びしょぬれになることを事前に知らずに訪れたという30代の夫婦は「すごかった」と興奮気味。「うそだろ!」。子供と一緒に来た父親はびしょびしょの姿に笑うしかなかった。

落ちる際の体勢などでぬれる量の差はあるが、どの座席でも主に上半身が多くぬれるようだ。

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランド広報部によると、暑い夏をより楽しんでもらうために、今回初めて導入したプログラムだという。

「びしょ濡れMAX」を体験したゲスト(来園者)は、想像していた以上の水しぶきを浴びて、猛暑を吹き飛ばしていた。

会員限定記事会員サービス詳細