戦前の歌舞伎座筋書、WEB上で公開

大正期の歌舞伎座筋書
大正期の歌舞伎座筋書

戦前の歌舞伎座の筋書(劇場プログラム)を、WEB上で誰でも検索、閲覧できるシステムが1日、スタートした。演劇や映画の資料を所蔵する松竹大谷図書館(東京都中央区)の、戦前までの歌舞伎座の全筋書のデジタルアーカイブを公開。

これにより、明治22(1889)年の歌舞伎座開場から、戦前までの全筋書を、いつでもWEBで検索・閲覧できるようになった。日本演劇研究に寄与するだけでなく、歌舞伎ファンも楽しめそうだ。

明治45(1912)年4月絵本番付、筋書
明治45(1912)年4月絵本番付、筋書
芝居番付検索閲覧システムの利用例
芝居番付検索閲覧システムの利用例

同図書館は2020年度のクラウドファンディングにより、戦前までの歌舞伎座筋書約1180冊のデジタル撮影と、保存のための資金を調達。今回、そのデータを同図書館公式サイト内のデジタルアーカイブ「芝居番付検索閲覧システム」で公開した。

このシステムではこれまで、松竹大谷図書館所蔵の芝居番付(今でいうポスターやチラシ)をデジタル化して公開していたが、そこに今回、筋書や絵本番付(演目の挿絵と配役が掲載された木版刷の番付)が加わった形だ。

松竹大谷図書館所蔵貴重資料デジタルアーカイブ「芝居番付検索閲覧システム」リンクはこちら


会員限定記事会員サービス詳細