フィギュア北京銀の鍵山「新たな一歩」 新シーズンへ意気込み

アイスショー「ドリーム・オン・アイス」で演技する鍵山優真=横浜市のコーセー新横浜スケートセンター
アイスショー「ドリーム・オン・アイス」で演技する鍵山優真=横浜市のコーセー新横浜スケートセンター

フィギュアスケート男子で北京冬季五輪銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・中京大)が1日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで行われたアイスショー後に取材に応じ、2022~23年シーズンに向け「先シーズンの結果はあまり気にせず、また新たな一歩として頑張りたい」と意気込んだ。

この日は、ロック曲の新しいショートプログラム(SP)「ビリーバー」を公の場で初披露。世界的な振付師のシェイリン・ボーン氏が手がけ、「自信作になった」という。「勢いや荒々しさを表現できたら」と語った。

アイスショーには男子で3月の世界選手権覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)や女子で北京五輪銅メダルの坂本花織(シスメックス)も出演し、それぞれ新しいSPを滑った。

会員限定記事会員サービス詳細