現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月1日

<真夏日のひかり澄み果てし朝茅原にそよぎの音のきこえけるかも>。精神科医でもあった斎藤茂吉が勤務していた病院の構内で詠んだ歌らしい。真夏の太陽が照り付けるものの、耳をすませば葉のそよぐ音が聞こえる。

▼文芸評論家の山本健吉はこの歌を「この世の景色ではない」「静寂のきわみ」と絶賛した。一方で、最高気温が30度以上の日を「真夏日」とした気象庁の取り決めを批判した。「美しい詩語」を「不快感を伴う言葉にしてしまった」(『ことばの歳時記』)。

▼それから30年近く経つと、最高気温が35度以上の日も珍しくなくなる。そこで平成19年に、新たな予報用語として加わったのが、「猛暑日」である。高温に対して注意、警戒を呼び掛ける際に「熱中症」が使われるようになったのもこの年からだ。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(5)自衛隊の各国連携 軍事外交に限界、曲がり角 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【産経抄】8月13日

  3. 【宮家邦彦のWorld Watch】中国、5年に1度の強硬主義

  4. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

  5. 【主張】韓国の対中外交 誤ったシグナルを送るな

  6. 【正論】この夏に思う 終戦詔書の叡慮に応へた安倍氏 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  7. 【主張】政治と旧統一教会 疑惑の教団と一線を画せ

  8. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  9. 【記者発】漫画「ちはやふる」が残したもの 文化部・本間英士

  10. 【浪速風】迎え火をたいて

会員限定記事