サハリン2「わが国の権益損なわれてはならない」と木原官房副長官

木原誠二官房副長官(矢島康弘撮影)
木原誠二官房副長官(矢島康弘撮影)

木原誠二官房副長官は1日の記者会見で、ロシアのプーチン大統領が天然ガス採掘事業「サハリン2」の運営会社の資産をロシア側が新たに設立する運営会社に譲渡すると定めた大統領令に署名したことに関し、「わが国の資源に関わる権益が損なわれるようなことはあってはならない」と強調した。

ロシア側の意図や日本側の液化天然ガス(LNG)の輸入に与える影響、今後の政府の対応などについては「精査中」と述べるにとどめた。

サハリン2、ロシア新企業に譲渡と大統領令 三井物産 三菱商事が出資

会員限定記事会員サービス詳細