全日空のハワイ定期便再開 「空飛ぶウミガメ」2年ぶり

定期運行を再開したA380を見送る全日空グループの社員=1日午後、成田空港
定期運行を再開したA380を見送る全日空グループの社員=1日午後、成田空港

全日空は1日、新型コロナウイルスの影響で2年以上運休していた、成田―ホノルル線専用の超大型機エアバスA380の定期運航を再開した。ハワイの青い海を心待ちにした乗客らが、ウミガメの親子が描かれた機体に乗り込み、約7時間半の空の旅へ出発した。

同機はハワイの現地語のウミガメにちなんだ「フライング・ホヌ」が愛称。520人乗りで、寝転んで使用できる「カウチシート」が好評だ。

定期運行を再開した全日空のA380=1日午後、成田空港
定期運行を再開した全日空のA380=1日午後、成田空港

成田―ホノルル線は人気のリゾート路線だが、新型コロナの影響で国際線の需要が減少し、2020年3月を最後に運休していた。運航再開を祝い、成田空港では初便の出発前に記念セレモニーが開かれた。

新婚旅行で妻と搭乗する松山市の男性(28)は「ハワイへは『ホヌ』でと思っていた。(現地で)写真をたくさん撮りたい」と笑顔を見せた。

【360°パノラマ】世界最大の旅客機「エアバスA380」内部 (2019年4月撮影)

会員限定記事会員サービス詳細