「何見とんねん」神戸の地下街で切りつけ、容疑の男を逮捕

男性会社員が切りつけられた現場で鑑識作業する捜査員ら=6月30日午後、神戸市中央区
男性会社員が切りつけられた現場で鑑識作業する捜査員ら=6月30日午後、神戸市中央区

神戸市中央区東川崎町のJR神戸駅地下街「デュオこうべ」の広場で6月30日に男性がカッターナイフで切りつけられた事件で、兵庫県警生田署は同日、傷害の疑いで、住所不定の無職、田尾寿容疑者(65)を逮捕した。「目が合った気がしてカッとなった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は同日午後0時半ごろ、男性会社員(58)の右肩を所持していたカッターナイフで切りつけたとしている。男性は約1週間の軽傷。

生田署によると、田尾容疑者は犯行後に現場から逃走した。同署が行方を追っていたところ、同日午後6時ごろ、同市中央区内の路上で田尾容疑者を見つけ、任意同行した。

男性は田尾容疑者に面識はなかった。通路で弁当の容器を捨てた田尾容疑者を男性が見ていたところ、「何見とんねん」と因縁を付けられたという。

会員限定記事会員サービス詳細