ナダルがエース13本「サーブ機能した」 ウィンブルドン男子シングル

男子シングルス2回戦でリカルダス・ベランキス選手と対戦するラファエル・ナダル選手=ウィンブルドン(共同)
男子シングルス2回戦でリカルダス・ベランキス選手と対戦するラファエル・ナダル選手=ウィンブルドン(共同)

テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス2回戦でラファエル・ナダル(スペイン)はサーブがさえた。最後はエースで締め、力強くガッツポーズ。世界ランキング106位のリカルダス・ベランキス(リトアニア)を退け、コート上のインタビューでは「第4セットは良かった。サーブも機能した」とうなずいた。

第3セットは奪われたが、第4セットは立ち上がりからギアを上げ、3ゲームを連取。途中で雨による中断を挟んだものの勢いは衰えなかった。エースは計13本を数え、リターンも光り、プレーに躍動感があった。「毎日が挑戦。毎日向上するチャンスがあると思っている」と充実した表情で語った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細