リュウグウノツカイ、鳥取で撮影成功 専門家「生きて発見珍しい」

鳥取県岩美町の田後港で泳ぐ深海魚リュウグウノツカイ=6月30日(ブルーライン田後提供)
鳥取県岩美町の田後港で泳ぐ深海魚リュウグウノツカイ=6月30日(ブルーライン田後提供)

鳥取県岩美町田後の田後港で深海魚リュウグウノツカイが泳いでいるのが1日までに見つかった。知人から連絡を受けた地元のダイビングショップ「ブルーライン田後」の山崎英治代表(46)が6月30日に撮影に成功。山崎さんは「一生に一度は見てみたかったが、狙って見られるものではなく貴重。神々しかった」と話した。

体長は約1・8メートル。尾びれはちぎれ、体には傷があり、弱った状態だったという。

大阪市立自然史博物館の学芸員、松井彰子さん(36)によると、リュウグウノツカイは細長い白銀色の体と赤い背びれが特徴。水深200メートルより深い所に生息するとされるが、生態は不明な点が多い。体が長くなると動きが鈍くなるため、自分で体を切る特徴があるともされる。

松井さんは「生きて発見されるのは極めて珍しい。実際に見ることができればとても幸運だ」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細