現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

大阪ウェイバック in 1922

(1)アインシュタインがやって来た 衝撃の「相対論」生講演

神戸港に到着し、歓迎を受けるアインシュタイン夫妻=大正11年11月18日付の大阪毎日新聞から
神戸港に到着し、歓迎を受けるアインシュタイン夫妻=大正11年11月18日付の大阪毎日新聞から

産経新聞の前身、南大阪新聞を前田久吉が創刊した大正11(1922)年は大阪の工業、商業、文化が発展し、後の大阪の成長につながる基盤がつくられた時期と重なる。生活の文明化が進み都市は東京をしのぐ規模に成長、演芸文化も花開いた。100年前の大阪にさかのぼり、発展の源流を探ってみたい。

「帽子は飛ぶ、万歳の声は辺りを動揺…」(大阪毎日新聞)

大正11年12月11日正午前。大阪駅に詰めかけた人々は、ある人物の到着を熱烈に歓迎した。降り立ったのは「相対性理論」を唱えた20世紀最高の物理学者、アルベルト・アインシュタイン。出迎えは、池上四郎大阪市長や大阪医科大(大阪大医学部の前身)の学生ら千人以上にのぼった。

来日は出版社の「改造社」が企画。43日間にわたる滞在日程で、アインシュタインは11月、妻のエルザとともに神戸港に到着後、東京や仙台、京都などを巡って大阪に入ったのだ。

中之島の中央公会堂で開かれた講演会(入場料・大人3円)でも熱気は続く。最先端の物理理論の講演に訪れた聴衆は約2千人。定刻前から続々と人が集まった。

通訳を務めた物理学者、石原純は「アインシュタイン講演録 日本を訪れた科学の巨匠」(東京図書)でそれまでの講演会とは変わり「大阪ではむしろ通俗的な言い表わし方を多く用いられた(略)」と記す。

ランキング

  1. モンハン「狐刀カカルクモナキ」 原寸大で再現した刀匠の技

  2. 【正論ヒストリア】対馬「忠勇」「義烈」の碑 ロシア侵略の脅威伝える

  3. 大阪市、夏の水道料金免除 物価高で負担軽減

  4. 伊丹空港や大阪駅で停電、落雷か ダイヤに乱れ

  5. 【小林繁伝】王が足首痛めて離脱…長嶋巨人に試練 虎番疾風録其の四(92)

  6. 水も飲めぬのどの痛みも 往診医師が明かす第6波の現場

  7. 【衝撃事件の核心】「注文した車と違うやん!」ボンドカーで有名、2千万円超の英アストンマーチン ディーラー誤発注で法廷闘争に

  8. 【World衝撃】人類を救う「ゴキブリのミルク」…栄養は牛乳の3倍、スーパーフード

  9. 【高校ダンス部選手権】だんじりパワーで日本一目指す 大阪・久米田高 近畿大会8月3日から

  10. 【衝撃事件の核心】「ゲーム感覚だった」被告の女はうそぶいた…愛媛17歳集団暴行死、少年少女の異様な溜まり場で何が起きていたのか

会員限定記事