リニア実験線、山梨の高架橋でケーブルが落下

山梨実験線を試験走行する、L0系車両=山梨県笛吹市(渡辺浩撮影)
山梨実験線を試験走行する、L0系車両=山梨県笛吹市(渡辺浩撮影)

JR東海は30日、山梨リニア実験線の同県笛吹市御坂町付近の高架橋から、監視カメラの電源ケーブル450メートルが地上に落下したと発表した。ケーブルの一部は、高架橋が横切る国道137号にも落ちていた。

同社によると、30日午後5時半ごろ、近隣の住民から、高架橋からケーブルが落ちているとの連絡が入った。調査すると降雪監視カメラの電源用の直径12・5ミリ、長さ450メートルのケーブルが11メートルの高さから地上に落下していた。ケーブルを固定する支持物が破損していた。

落下したのはほとんどが同社の管理用地だが、一部は国道上に落下し、この分についてはすでに回収を終えている。被害状況は確認中だが、30日午後11時30分現在、けが人の報告はないという。

今後、同様の設備の点検を実施するほか、山梨県庁などに事故の報告を行う予定だ。

会員限定記事会員サービス詳細