鬼筆のスポ魂

赤ヘル・秋山の誕生、「ライオンズ愛」こその決断 植村徹也

広島入団の記者会見後、ユニホーム姿でポーズをとる秋山翔吾
広島入団の記者会見後、ユニホーム姿でポーズをとる秋山翔吾

絶えることのない「ライオンズ愛」が広島カープ入団を決意させた-。こんな表現をすれば矛盾を感じる人がいるかもしれないが、秋山翔吾外野手(34)=前パドレス3Aエルパソ=が古巣の西武、好条件提示のソフトバンクとの3択からセ・リーグの広島を選択した理由を探るならば「ライオンズ愛」という深層心理に突き当たる。

秋山は今季、在籍していたシンシナティ・レッズを開幕直前の4月5日にフリーエージェント(FA)となり、5月9日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。しかし、球団側の「若手優先起用」が理由で6月15日に再びFAに。数日間、メジャー球団からのオファーを待ったが実現せず、6月19日に日本球界復帰を表明した。

そこから始まった日本プロ野球界での争奪戦。手を挙げたのは2019年まで9シーズン在籍し、海外FA権を行使してレッズに移籍するまではキャプテンも担っていた西武。柳田悠岐外野手の故障が多くなり、栗原陵矢外野手が左膝、上林誠知外野手が右アキレス腱の故障で今季絶望、外野手の補強が急務のソフトバンク。そして、両球団からはやや遅れ気味に参戦した広島だった。

秋山の2年半ぶりのチーム復帰を目指し、真っ先に交渉した西武の渡辺久信GM(56)は「広島入団」の結果に「当球団としては一緒に戦いたかったという思いが強かったので、真っ先に交渉しました。しかし、このような結果になったのはとても残念です」と球団を通じてコメントを発表。

一説には1年3億円の3年契約を提示したとも言われるソフトバンクも、3年総額4億円を提示したとみられる広島には条件面で〝圧勝〟しており、「カープ秋山誕生」は大ショックだったろう。

では、どうして秋山は古巣も蹴り、巨額契約も蹴った? もちろん、広島の熱意を感じたのも事実だろう。ポジション的にも正右翼手だった鈴木がカブスに移籍。西川も故障で離脱中で外野と1番打者が固定できずにいる。日米通算1476安打のヒットメーカーはチームの補強ポイントとも合致する。ただし、理由はそれだけではない-と指摘する球界関係者がいる。

「秋山は日本球界に復帰すると決めた時点で、セ・リーグ志望だった。事前の情報ではDeNAに入ると思っていたが、筒香との関係なのか、立ち消えになった。愛着のあるのは西武だったが、彼が西武に復帰すると自分のかわいがっている後輩たちのポジションを奪うことになり、成長を遅らせる。それが嫌だったのだろう。さらに同じパ・リーグのホークスに入団して西武と覇権を争う敵にはなりたくなかったのだろう」

つまり、西武復帰をためらった理由は若林、愛斗、川越ら自分を慕ってくれていた後輩たちの出場機会を奪うからだったとされる。巨額条件のソフトバンクは西武と同一リーグのライバルで、敵の仲間にはなりたくなかった…。なので、視線は日本に戻ると決めた時からセ・リーグだった。

秋山から入団の決意を伝えられた交渉役の広島・鈴木球団本部長は「カープにお世話になりますと。えっ!マジ?と。ビックリしたよ」と驚きを隠せなかったが、本当に〝想定外〟の出来事だったのか…。どうも額面通りには受け取れないフシがある。苦戦の予想される争奪戦に名乗りをあげた舞台裏には、秋山の心情を的確にキャッチしていた可能性がある。失礼な表現かもしれないが、鈴木球団本部長は結構な〝タヌキ〟なのかもしれない。

広島は29日のヤクルト戦(マツダ)に敗れ、自力優勝の可能性が消滅した。希代のヒットメーカーが赤ヘルを蘇らせるのだろうか。

(特別記者)

会員限定記事会員サービス詳細