勾留停止中に逃走の男、福岡県内で確保

豊島区の病院から逃走した磯野貴博被告
豊島区の病院から逃走した磯野貴博被告

東京地検は30日、詐欺未遂の罪で起訴され勾留執行停止中に逃走していた住所不定の無職、磯野貴博被告(41)が福岡県内の交番に出頭し、同日午前10時35分ごろ、県警南署で身柄を確保したと発表した。地検などが逃走時の詳しい足取りを調べている。

地検によると、磯野被告は29日深夜~30日未明にかけての時間帯に福岡県内の交番に出頭。公共交通機関を使って逃走したという。

磯野被告は3月、東京都新宿区で車に故意にぶつかり、腕時計の修理代を要求したとして起訴された。病院での治療のため5月25日に勾留停止が認められたが、6月29日午前11時半ごろ、滞在場所に指定されていた東京都豊島区内の病院から逃走。地検などが行方を追っていた。

会員限定記事会員サービス詳細