勿来火力発電所が停止 福島・いわき、東京電力管内にも供給

常磐共同火力が運営する勿来発電所=福島県いわき市(会田聡撮影)
常磐共同火力が運営する勿来発電所=福島県いわき市(会田聡撮影)

30日午前3時ごろ、福島県いわき市の勿来(なこそ)火力発電所9号機にトラブルが生じ、停止した。9号機は東京電力と東北電力管内に電力を供給しており、発電出力は60万キロワット。うち30万キロワットを「電力逼迫(ひっぱく)注意報」が発令されている東電管内に供給しているが、東電によると、現在のところ東電管内で停電の恐れはないという。

運営する常磐共同火力によると、9号機内の大型ファンに何らかの原因で振動する不具合が発生したため、停止させたという。原因は調査中。

常磐共同火力は、同日午後3時ごろに一部運転を再開し、東京電力、東北電力管内に合わせて25万キロワットを供給できる見通しだとしている。全面復旧には、数日かかるとみられる。

常磐共同火力は東北電とJERA(ジェラ)が共同出資している。勿来発電所は計3基で、主に石炭を燃料に使い、出力は計145万キロワット。

会員限定記事会員サービス詳細