ほんこんさんに賠償命令 室井佑月さんツイート巡り

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

マスクを巡るネット記事を拡散され名誉を傷つけられたとして、作家の室井佑月さんがタレントのほんこんさんに550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(飛沢知行裁判長)は30日、室井さんの「社会的評価を低下させた」として11万円の支払いを命じた。

判決によると、室井さんは令和2年2月、愛知県内のメーカーの「日の丸マスク」を政府が発注すると誤解し、政府を批判する内容をツイートした。その後、誤りに気付き当日中に「訂正します」と投稿した。

ほんこんさんは2年5月、「室井佑月らの中傷で日の丸マスクが製造中止に」とのタイトルのネット記事をツイッターで拡散。同じ日に「何故こんな事を」との文言を添えて再度投稿した。

飛沢裁判長は室井さんのツイートが「意図的に虚偽の情報を流し、マスクの製造を中止させたとは認められない」と認定した。室井さんの代理人で夫の米山隆一弁護士は東京都内で記者会見し「11万円は少ない。今後のほんこんさん側の対応も踏まえ、控訴するかどうか検討したい」述べた。

会員限定記事会員サービス詳細