大阪の2歳女児死亡、死因は熱中症

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪府富田林市の団地の一室で2歳の女児が放置され、死亡した事件で、大阪府警捜査1課は30日、司法解剖の結果、死因は熱中症と判明したと発表した。

富田林市消防本部によると、29日の最高気温は、午後2時50分に34・5度を記録。死亡した小野優陽(ゆうは)ちゃんが自宅でほぼ半日に渡って放置され、放置されていたスペースには、飲食物が一切置かれていなかった。

保護責任者遺棄容疑で逮捕された祖母で無職、小野真由美容疑者(46)と、内縁の夫で自営業、桃田貴徳容疑者(50)は、28度に設定したエアコンの冷房や扇風機を稼働させていたと説明しており、府警は死亡時の詳しい状況を調べる。

会員限定記事会員サービス詳細