「何度も1人きりにして外出」 2歳女児死亡、飲食物も残さず放置

2歳女児が見つかった部屋のベランダ=30日午前、大阪府富田林市
2歳女児が見つかった部屋のベランダ=30日午前、大阪府富田林市

大阪府富田林市小金台の団地の一室で2歳の女児が放置され、死亡した事件で、保護責任者遺棄の疑いで逮捕された祖母らが「(女児を)何度も一人きりにして外出したことがあった」と供述していることが30日、大阪府警への取材で分かった。女児が放置されたスペースには、飲食物が一切置かれていなかったことも判明。府警は死亡の経緯を調べている。

死亡した女児は小野優陽(ゆうは)ちゃん。逮捕された祖母で無職、小野真由美容疑者(46)と、内縁の夫で自営業、桃田貴徳容疑者(50)は容疑を認め、「車で外出したが、クーラーは付けていた」と説明しているという。2人は29日午前5時ごろに家を出て、祖母の四男(15)が午前7時40分ごろに外出した後、優陽ちゃんは自宅で1人きりになっていた。

2人の逮捕容疑は29日午前5時ごろ、優陽ちゃんを自宅の居間にあるベビーサークルに閉じ込めたまま外出し、四男が帰宅した同日午後4時ごろまで放置したとしている。

自宅の間取りは4LDK。ベビーサークルは高さ88センチで出入り口はなかったという。室内は28度に設定されたエアコンの冷房や扇風機が稼働していたが、サークル内に飲食物は用意されていなかった。

富田林市消防本部によると、29日の同市の最高気温は午後2時50分に34・5度を記録していた。

会員限定記事会員サービス詳細