伊藤氏の千葉副知事就任、白紙に 総務省出身、体調急変

千葉県庁
千葉県庁

千葉県は30日、同日付で副知事を退任した滝川伸輔氏(57)の後任として、7月1日付で着任する予定だった総務省の伊藤正志氏(52)が体調を崩し、就任が困難な状況になったと発表した。同省で改めて人選を行っているが、当面の間は穴沢幸男副知事が1人で職責を担う。

熊谷俊人知事は記者団の取材に対し、「大変残念。ご本人の健康のためにも、就任取りやめしかないというのが、われわれと総務省で相談した結果の判断だ」と話した。

県によると、伊藤氏は6月27日に体調が急変。同省職員が同行して病院で検査を受け、脳疾患が判明した。県には29日に同省幹部が来庁して熊谷知事に説明した。

伊藤氏は、28日付で大臣官房企画課長から大臣官房付に異動していた。

一方、滝川氏は30日、記者団に対して「長いようで短い、とても濃密な5年間だった」などと振り返った。7月1日付で総務省の自治大学校長に就任する。

会員限定記事会員サービス詳細