NATO軍事施設なら対抗 露大統領、北欧2国加盟で

トルクメニスタンを訪問したロシアのプーチン大統領(ロイター)
トルクメニスタンを訪問したロシアのプーチン大統領(ロイター)

ロシアのプーチン大統領は30日、訪問先の中央アジア・トルクメニスタンで記者会見し、北欧フィンランドとスウェーデンの加盟を認めた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の合意について、両国にNATOの軍事施設が置かれれば相応の対抗措置を取ると述べた。

プーチン氏はNATOを「冷戦時代の遺物」と呼び、ロシアを「最大かつ直接の脅威」と明記した新たな「戦略概念」について「結束のための口実で、何の新しさもない」と指摘した。

またウクライナを軍事支援する欧米について「目的はウクライナ支援ではなく、覇権主義の野心のためだ」と述べて批判。ウクライナの軍事作戦では「プロの軍幹部らを信頼している」とし、期限を区切ったり急がせたりするのは正しくないと述べて長期化の可能性を示唆した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細