2歳女児を自宅に半日放置…死亡 遺棄容疑で祖母ら2人逮捕 

2歳女児が死亡しているのが見つかった団地=30日午前、大阪府富田林市小金台
2歳女児が死亡しているのが見つかった団地=30日午前、大阪府富田林市小金台

大阪府富田林市小金台の団地の一室で、この部屋で同居する2歳の女児をほぼ半日にわたって放置したとして、大阪府警捜査1課と富田林署は30日、保護責任者遺棄の疑いで、女児の祖母で無職、小野真由美容疑者(46)と、内縁の夫で自営業、桃田貴徳容疑者(50)を逮捕した。2人は「間違いありません」と容疑を認めているという。女児は29日夕に死亡しているのが見つかっており、府警は遺体を司法解剖して死因や死亡の経緯も調べる。

府警によると、女児は小野優陽(ゆうは)ちゃん。両親とは別居しており、小野容疑者の家族と5人暮らしだった。29日午後4時過ぎ、帰宅した小野容疑者の四男(15)が倒れている優陽ちゃんを見つけた。連絡を受けた桃田容疑者が約1時間後、「(優陽ちゃんが)息をしていない。体が硬くなっている」と119番していたという。

2人の逮捕容疑は6月29日午前5時ごろ、自宅で養育していた優陽ちゃんをベビーサークルに閉じ込めたまま外出し、放置したとしている。優陽ちゃんは夕方に四男が帰宅するまで、長時間一人で団地の自宅にいたとみられる。

優陽ちゃんは口に血が付着していたが、ほかに目立った外傷はなかったという。府警によると、室内は冷房が稼働していたが、飲み物は用意していなかった。気象庁によると、富田林市に隣接する堺市では29日午後1時には最高気温33度を記録していた。

同じ団地に住む30代女性は「救急車が来ていたので何事かと思っていた。(優陽ちゃんは)1カ月くらい前に見たのが最後。極端に痩せていたわけではないが、いつ見ても体の大きさが変わらないなと思っていた」と話した。

富田林市を管轄する大阪府富田林子ども家庭センター(児童相談所)は「府警が捜査中なので、児相として取り扱いがあったかどうかは言えない」としている。

現場は近鉄長野線富田林駅の南西約2キロの住宅街。

会員限定記事会員サービス詳細