現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月30日

第167回芥川賞・直木賞の受賞作は、来月20日に決まる。すでに発表されている候補作の作者を見ると、芥川賞はすべて女性、直木賞でも男性は一人だけだ。文学では「女流」という言葉が死語になって久しい。

▼一方、囲碁や将棋の世界では今も健在である。囲碁の女流棋士になる道は、一般採用枠のほかに「女流枠」がある。女流棋戦はもちろん、ほとんどの一般棋戦で男性の棋士と同じ扱いを受ける。昇段の規定も同じだ。

▼3年前に史上最年少の10歳でプロ入りを果たした仲邑菫二段の場合は、別の「英才枠」だった。若き天才を見つける目的で新設されたもので、無試験である。昨年は43勝18敗と男女を通じて3位の勝ち星を挙げた。今年に入っても、女流名人戦の挑戦者に名乗りを上げるなど、期待通りの活躍である。

ランキング

  1. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  2. 【新聞に喝!】ペロシ氏訪台「自制すべきは米国」に違和感 日本大教授・小谷賢

  3. 【産経抄】8月14日

  4. 【主張】原発の攻撃拠点化 「核の盾」は大惨事を招く

  5. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

  6. 【主張】法隆寺への支援 ネットの縁を未来へ繫げ

  7. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【宮家邦彦のWorld Watch】中国、5年に1度の強硬主義

  9. 【産経抄】8月13日

  10. 【正論】この夏に思う 終戦詔書の叡慮に応へた安倍氏 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

会員限定記事