現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月30日

第167回芥川賞・直木賞の受賞作は、来月20日に決まる。すでに発表されている候補作の作者を見ると、芥川賞はすべて女性、直木賞でも男性は一人だけだ。文学では「女流」という言葉が死語になって久しい。

▼一方、囲碁や将棋の世界では今も健在である。囲碁の女流棋士になる道は、一般採用枠のほかに「女流枠」がある。女流棋戦はもちろん、ほとんどの一般棋戦で男性の棋士と同じ扱いを受ける。昇段の規定も同じだ。

▼3年前に史上最年少の10歳でプロ入りを果たした仲邑菫二段の場合は、別の「英才枠」だった。若き天才を見つける目的で新設されたもので、無試験である。昨年は43勝18敗と男女を通じて3位の勝ち星を挙げた。今年に入っても、女流名人戦の挑戦者に名乗りを上げるなど、期待通りの活躍である。

ランキング

  1. 【産経抄】8月10日

  2. 【主張】プーチン海洋戦略 北方領土で無法を許すな

  3. 【正論】この夏に思う 恩師にみた昭和のよき教員の姿 社会学者、関西大学名誉教授・竹内洋

  4. 【浪速風】広告塔の責任

  5. 【主張】新たなワクチン 混乱招かぬ丁寧な説明を

  6. 【西論プラス】持続可能な電力供給へ 原発の実効性ある道筋示せ 大阪総局長・内田博文

  7. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【耳目の門】(48)女性議員比率 「東アジア」最下位でよいのか 特別記者・石井聡

  9. 【一筆多論】露の残虐、77年前も今も 遠藤良介

  10. 【政解】自民6派閥 変わる役割 保守本流政権が復活

会員限定記事