「口答えするな」 パワハラで千葉・柏市局長を減給

千葉県柏市は30日、部下の男女9人に「私に口答えするな」などの暴言を吐くパワーハラスメントを繰り返したとして、市監査事務局の女性局長(58)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。市の聞き取りに「パワハラだと思わなかった」と話したという。

市によると、局長は環境部次長だった令和2~3年、部下に「どうしてできないの」などと繰り返し長時間叱責し、精神的苦痛を与えた。昨年11月に部下の申告で発覚。市民課長だった2年にも、大声で怒鳴るなどのパワハラをしたとして、口頭指導を受けていた。

市は他に、保健所への応援業務を2日間無断で欠勤した産業廃棄物対策課の男性主任(34)を減給10分の1(3カ月)、太陽光発電事業の兼業を無断でしていた公園緑地課の男性統括リーダー(47)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。

会員限定記事会員サービス詳細