「有機ELのテレビと…」声優の神尾晋一郎が家電量販店でまさかの爆買い

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している声優の神尾晋一郎
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している声優の神尾晋一郎

声優の神尾晋一郎が水曜日パーソナリティーを務めるラジオ番組『サクラバシ919』。6月29日(水)の放送では、家電量販店を3日連続で訪れたというエピソードを披露した。

最近では、声優業界でも「ペーパーレス化」が進んでいるとのこと。これまで紙の台本を使っていた神尾だが、とある収録で相手役がタブレット端末を使っていたそう。

台本をめくるときは紙の音が発生してしまうため、収録が一時的にストップ。その際、「相手の芝居を止めてしまった」と申し訳ない気持ちに…。そこで「紙の台本とタブレット端末、両方を使えるようになろう」と思い立ち、タブレット端末を購入するために家電量販店に向かったと明かす。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している声優の神尾晋一郎
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している声優の神尾晋一郎

家電量販店に行くのが久しぶりだったという神尾は、全フロアを物色。「マッサージコーナーや音響コーナーは、すごく充実していた」と興奮気味に語る。

そして、いざお目当ての「iPad」コーナーへ。「軽いのがいい」などと店員に相談し、おすすめされた「iPad Air」を購入。自宅に帰り、ワクワクしながら初期設定をしていると「あれ? ペンがついていない」と気づいたという。

調べたところ、「Apple Pencil」は別売りということが判明。翌日、再び家電量販店に向かい、「Apple Pencil」をレジで購入しようとしたものの、1本1万5000円という金額に驚愕(きょうがく)。しかし、「指1本の代わりをさせようとしている。俺の指1本が1万5000円だと考えると安い」と納得したのだとか。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している声優の神尾晋一郎
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している声優の神尾晋一郎

液晶テレビを買うつもりが…

2日連続で家電量販店を訪れ、「テレビコーナーが楽しかった」という神尾。テレビにはとくにこだわりがなかったというが、「有機ELと液晶、どちらがいいのか」を調査。その結果、「液晶、一択でしょ!」という結論に至り、3日連続で家電量販店に足を運んだと話す。

ところが、これまで行っていたのと違う店舗だったためか、液晶テレビはほとんど置いておらず…。

仕方なく店員に声をかけると、「有機ELが安くなっています」と一言。液晶テレビを買う気まんまんだったが、試しに有機ELも見てみると「リモコンを手に持って2回振ったら、マウスみたいにカーソルがあって…」とその機能に衝撃。さらに、映像も「すごくきれい」と感動したのだとか。

最終的に、「有機ELのテレビ、サウンドバー、外付けハードディスク」を勧められるがままに購入。予想外の買い物に「僕は家電量販店に行っちゃいけない(笑)」と反省した。(ラジオ大阪)

会員限定記事会員サービス詳細