西から「戻り梅雨」に 猛暑一休み、7月上旬

猛暑日となった京都市で、鴨川沿いの道を歩く人=30日午後(永田直也撮影)
猛暑日となった京都市で、鴨川沿いの道を歩く人=30日午後(永田直也撮影)

東日本から西日本の広い範囲で続く異例の猛暑は7月上旬にいったん、平年並みの気温に和らぐとみられる。気象庁によると、列島を覆う高気圧の張り出しが弱まり、南から湿った風が流れ込むことによって雲ができやすくなるためで、西から次第に雨や曇り空が広がり「戻り梅雨」の状態になるとみられる。

強い日差しの中、日傘を差すなどして歩く人たち=30日午後、東京都中央区(川口良介撮影)
強い日差しの中、日傘を差すなどして歩く人たち=30日午後、東京都中央区(川口良介撮影)

猛暑をもたらしたのは、偏西風が日本列島を避けるように北へ蛇行し、そこへ南から太平洋高気圧が大きく張り出したことが要因。梅雨前線も北に押しやられた結果、大半の地方で梅雨の期間が最短となったほか、各地で記録的な暑さとなり、群馬県伊勢崎市は6月には観測されたことがない40度に2度も達した。偏西風の蛇行は今後、数日で終わるとみられている。

厳しい暑さの中、日傘を差して歩く高校生=30日午後1時30分、埼玉県熊谷市
厳しい暑さの中、日傘を差して歩く高校生=30日午後1時30分、埼玉県熊谷市

7月中旬以降は偏西風の流れ自体が北上し、高気圧が再び勢力を取り戻す見通しで、気象庁が30日に発表した1カ月予報では、いずれの地方も平年より厳しい暑さになるとしている。

強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=30日午前、JR東京駅前
強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=30日午前、JR東京駅前
猛暑日となった名古屋市を日傘を差して歩く人たち=30日午後
猛暑日となった名古屋市を日傘を差して歩く人たち=30日午後
厳しい暑さの中、日傘を差して信号待ちする女性=30日午後1時25分、埼玉県熊谷市
厳しい暑さの中、日傘を差して信号待ちする女性=30日午後1時25分、埼玉県熊谷市
厳しい暑さになった埼玉県熊谷市内を歩く人たち=30日午後2時19分
厳しい暑さになった埼玉県熊谷市内を歩く人たち=30日午後2時19分
猛暑日となった京都市。四条大橋では日傘を片手に行き交う人の姿が見られた=30日午後(永田直也撮影)
猛暑日となった京都市。四条大橋では日傘を片手に行き交う人の姿が見られた=30日午後(永田直也撮影)
厳しい暑さの中、アジサイの咲く小道を日傘を差して歩く女性=30日午後、名古屋市
厳しい暑さの中、アジサイの咲く小道を日傘を差して歩く女性=30日午後、名古屋市

会員限定記事会員サービス詳細