海外ファンド幹部は8割弱 東芝取締役案の賛成割合

東芝株主総会の会場前で取材に応じる株主=28日午前、東京都新宿区(松井英幸撮影)
東芝株主総会の会場前で取材に応じる株主=28日午前、東京都新宿区(松井英幸撮影)

東芝は30日開示した臨時報告書で、28日の定時株主総会で可決された13人の取締役人事案の賛成割合を公表した。新任で「物言う株主」の海外ファンド幹部の今井英次郎氏は77・67%、ナビール・バンジー氏は78・00%だった。今井氏とバンジー氏の選任案に反対していた当時社外取締役の綿引万里子氏は64・03%だった。綿引氏は再任後に自ら申し出て辞任した。

人事案をまとめた指名委員会委員長のレイモンド・ゼイジ社外取締役は78・42%だった。ゼイジ氏は取締役会決議に反対する趣旨の意見を事前の相談もなく外部に発信したとして、監査報告書には「取締役としての職務遂行上の配慮を欠き、その妥当性に疑義がある」との補足意見が付いていた。島田太郎社長は86・03%、他の8人は90%台だった。

会員限定記事会員サービス詳細