ロシア国連権利の剝奪要請 安保理でゼレンスキー大統領

ウクライナのゼレンスキー大統領(大統領府提供・共同)
ウクライナのゼレンスキー大統領(大統領府提供・共同)

国連安全保障理事会は28日、ロシアの侵攻を受けているウクライナの要請で同国の商業施設へのミサイル攻撃を焦点に情勢を協議する緊急会合を開いた。ウクライナのゼレンスキー大統領がオンラインで演説し、ロシアを「テロリスト国家」と非難して国連総会や安保理での権利を剝奪するよう強く求めた。

ウクライナ中部ポルタワ州クレメンチュクのショッピングセンターが27日にロシア軍のミサイル攻撃を受け、多数の市民が死亡。ゼレンスキー氏は民間施設だったと強調し、ロシア側が関与を否定するなら国連が委員会を設置して調査すべきだと訴えた。

演説を終える直前、ゼレンスキー氏の呼びかけで、会合の出席者が起立してウクライナの犠牲者に黙とうをささげた。ロシアのポリャンスキー国連次席大使も加わった。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細