フジテック社外取締役の責任追及へ 英投資ファンド 

滋賀県彦根市のフジテック本社=23日午前
滋賀県彦根市のフジテック本社=23日午前

エレベーター大手、フジテックの取締役社長を退いた内山高一氏が会長に就任したことをめぐり、株主の英投資ファンド、アセット・バリュー・インベスターズ(AVI)が社外取締役の責任を追及する方針であることを29日、発表した。他の株主と協力し、社外取解任に向けた臨時株主総会の請求を検討する。

フジテックをめぐっては、香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントが創業家の内山家とフジテック間の不適切な取引などの疑惑を指摘。フジテックは23日の株主総会直前に内山氏の取締役再任案を撤回したが、取締役会で内山氏の会長就任を決めた。

これに対し、AVIは「社外取締役の行動が株主の利益のためか疑わしい」として、社外取解任に向け、他の株主と協力して臨時株主総会の請求を検討していることを明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細