宮内庁に包丁送りつける 容疑で20代男を逮捕 皇宮警察

皇宮警察本部の庁舎
皇宮警察本部の庁舎

宮内庁に包丁を送りつけるなどしたとして、皇宮警察本部は29日、威力業務妨害容疑で、愛知県内に住むアルバイトの20代男を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は25日午前10時45分ごろ、宮内庁にレターパックで包丁(刃渡り約17センチ)などを送り付け、同庁職員の正常な業務を妨害したとしている。

郵便物には、便箋1枚に手書きされた文書が同封されていたが、支離滅裂な内容だったという。レターパックの送り主の欄には、男の氏名と住所が書かれていた。同本部は、男の刑事責任能力の有無についても慎重に調べる。

会員限定記事会員サービス詳細