佐賀大病院にタクシー突っ込む 80代運転手けが

29日午前9時50分ごろ、佐賀市鍋島の佐賀大医学部付属病院で、「タクシーが突っ込んだ」と近くにいた人が110番した。佐賀県警佐賀北署によると、80代の男性運転手が肋(ろっ)骨(こつ)を折るけが。乗客はおらず、巻き込まれた人もいなかった。署が原因を調べている。

タクシーは病院の入り口付近の歩道を乗り越え、ガラスの仕切り板に衝突した。割れたガラスが散乱し、現場は一時騒然とした。

会員限定記事会員サービス詳細