ビットコイン2億円、60代女性から詐取か 容疑で男女9人逮捕、愛知

愛知、愛媛両県警は29日、女性から約2億2500万円相当の暗号資産(仮想通貨)のビットコインをだまし取ったなどとして、電子計算機使用詐欺などの疑いで、愛知県春日井市瑞穂通の自営業、岡本好美容疑者(52)、松山市御幸の無職、山内勇喜容疑者(37)ら男女9人を逮捕した。愛知県警は認否を明らかにしていない。

岡本容疑者ら3人の逮捕容疑は昨年2月19日、インターネット接続端末を使い、春日井市の女性(65)のビットコインを、自身らが管理するアドレスに不正に送信して詐取したとしている。

山内容疑者ら2人が開設した暗号資産口座や銀行口座を、残る4人が有償で譲り受けた疑いが持たれている。

県警によると、岡本容疑者と女性は投資セミナーで知り合った。女性はスマートフォンのアプリでビットコインを管理していたが、県警は、岡本容疑者がそのアプリを操作するために必要なパスワードを何らかの方法で入手し、不正にアプリを操作したとみている。

会員限定記事会員サービス詳細