参院選主な候補者の横顔

大阪 丸吉孝文氏(N新)好奇心旺盛なイチゴ農家

丸吉孝文氏
丸吉孝文氏

「今の日本の諸問題は、教育に力を入れることで改善すると思う」。奨学金制度を充実させるなど「誰もが学びたいときに学べる環境づくり」の実現を訴える。

熊本県出身。町議会議員の祖父を持ち、幼いころから政治を身近に感じて育った。令和2年の東京都知事選でNHK党の立花孝志党首が代表を務める「ホリエモン新党」の陣営が楽しそうに選挙活動に取り組んでいるところを見て、本格的に政治家への道を考えたという。

尊敬するのは、日本維新の会元代表の橋下徹氏と立憲民主党元代表の枝野幸男氏、自民党の菅義偉(すがよしひで)元首相。政党や主張はばらばらだが、「橋下さんと枝野さんは信念がある。菅さんは総理になって一気に改革を進めてきたところが尊敬できる」と語る。

建設コンサルタント会社員などをへて、現在はイチゴ農家。もともと勉強が好きで、晴耕雨読の生活にあこがれていた。空いた時間は3人の子供と遊んだり、本を読んだり。好奇心旺盛で、本はジャンルを問わず、多い時で年間約1300冊を読む。「政治家になったらどんな世界が見えるのか。今もそういう好奇心で動いている気がします」

会員限定記事会員サービス詳細