NATO首脳会議 首相が初出席へ 日米韓首脳会談も

スペイン・マドリードに到着し、関係者の出迎えを受ける岸田首相(左)=28日(代表撮影・共同)
スペイン・マドリードに到着し、関係者の出迎えを受ける岸田首相(左)=28日(代表撮影・共同)

【マドリード=田村龍彦】岸田文雄首相は29日午後(日本時間同日夜)、スペイン・マドリードで、日本の首相として初めて北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に参加する。日米韓3カ国の首脳会談も行い、核・ミサイル開発を継続する北朝鮮への対応などについて協議する。

首相は28日、訪問先のドイツで記者会見し、NATO首脳会議への出席について「欧州とインド太平洋の安全保障は不可分であり、力による一方的な現状変更はいかなる場所でも許さないとの認識を確認し、連携を強化する機会にしたい」と述べた。「欧州とインド太平洋を結ぶ自由と民主主義のための連帯パートナーシップを築いていく」とも語った。

日米韓3カ国の首脳会談の開催は2017年9月以来。日韓両首脳による正式な会談の実施は決まっていない。

会員限定記事会員サービス詳細