赤坂8千万円「二重強盗」 元組員に一部無罪判決

東京地裁
東京地裁

東京・赤坂の路上で平成31年1月、強盗グループが強奪した現金約8000万円を別のグループが横取りした事件で、強盗致傷と公務執行妨害の罪に問われた特定抗争指定暴力団神戸山口組系元組員、井上陵被告(29)の判決公判が29日、東京地裁で開かれた。浅香竜太裁判長は強盗致傷については無罪とし、公務執行妨害の成立のみを認め、懲役10月(求刑懲役15年)を言い渡した。

検察側は、関係者の証言などをもとに井上被告が一連の犯行を計画した指示役だったとしていたが、浅香裁判長は関係者の証言に「虚偽供述の危険がある」として信用性を否定。井上被告が「犯行を指示するなどしていたと認定することはできない」とした。

井上被告は、貴金属買い取り業者に強盗をしたグループから現金を横取りしたグループの指示役として起訴された。公判では横取りグループの実行役などが井上被告の関与を相次いで証言したが、弁護側は「いずれも虚偽の証言で、信用できない」などと主張し、証言の信用性が争点となっていた。

会員限定記事会員サービス詳細