ミサイル着弾の動画公開 死者20人「テロ」と非難

28日に公開されたウクライナ中部クレメンチュクのショッピングセンターにミサイルが着弾した瞬間とされる画像(ゼレンスキー大統領のインスタグラムより、ロイター=共同)
28日に公開されたウクライナ中部クレメンチュクのショッピングセンターにミサイルが着弾した瞬間とされる画像(ゼレンスキー大統領のインスタグラムより、ロイター=共同)

ウクライナのゼレンスキー大統領は28日、中部ポルタワ州クレメンチュクのショッピングセンターにロシア軍のミサイルが27日に着弾した瞬間とする動画を、インスタグラムで公開した。ミサイルが着弾し、激しい爆発と同時に黒い煙が上がるのが確認できる。ゼレンスキー氏は攻撃を「テロ」と非難した。

ウクライナ大統領府のティモシェンコ副長官は28日、ショッピングセンターの死者が20人、負傷者が59人になったと発表。40人以上の安否が分かっておらず、犠牲者はさらに増える恐れがある。

東部ドニエプロペトロフスク州のレズニチェンコ知事は28日、州内にミサイル6発が飛来し3発を撃墜したが、鉄道インフラや企業の施設が被害を受けたと明らかにした。死傷者については不明。救助活動が続いているという。(共同)

28日に公開されたウクライナ中部クレメンチュクのショッピングセンターに接近するミサイルとされる画像(ゼレンスキー大統領のインスタグラムより、ロイター=共同)
28日に公開されたウクライナ中部クレメンチュクのショッピングセンターに接近するミサイルとされる画像(ゼレンスキー大統領のインスタグラムより、ロイター=共同)



会員限定記事会員サービス詳細